2017年10月19日木曜日

西麻布Snow Contemporaryでのuraunyの展示、uuuurrrraaaauuuunnnnyyyyをみてきました。

はいったら、おっきな鉄枠のうえにおっきなガラス板、そこに散らばった肉塊のようなものたち、床にはアメリカンフットボールの写真がプリントされた巨大な紙。その足元にはスピーカーが置かれて、ak.による音楽が。
肉塊にはそれぞれ機械のようなものがつきささっていて。

肉塊の写真が1ページずつおっきくうつったファイルをわたされ、そこにはなまえとアップの皮膚のような写真が。
そのなまえのひとのその写真にうつったどこかしらの皮膚からどうにかして抽出し、蒸留した体液を、肉塊にもささっているVapeという蒸気タバコの器具で口から吸うっていう。
で、実際に吸ってみました。肉塊にsという文字のタトゥーのはいったひとのん。
ひとによってかなりかんじかた、あとその元のひとの個体差などもあったりで味が違うらしいんですが、吸った瞬間ははそんなにかんじないけれど、すぐあとに風邪をひいたときのじぶんの痰がからんでる口腔内の味、ってかんじがして、涙がでました。
いっしょな星川のん、あとちょうどそのばにいはったひとのはそんなでもないみたいで、吸うひとの状態とか相性とかもあるらしいです。

本人からたくさん説明をきけて。いったひとはききながらたのしむべきだとおもうんで、あんまりはかきませんが、一見散乱しているけれどもその配置の仕組み、その配置にあわせて音楽も数種類あってと。
そしてインスタなどにのせたい欲求、でも限られた角度からしかちゃんと全体像がつかめなくって、その角度からだとうつらないところがあってとか計算されてたりとか。

知らないひとの体液を吸う、っていう行為が非日常すぎ、官能的っていえばそうだけれど、ものすごく混乱するし、SNSなしくみになぞらえていて、知らないひととつながるその方法が文章や写真ではなく、体液っていう味覚と嗅覚でそのひとの情報を得るっていう、インターネットの先にあるかんじ。

蒸留したのがパープルームで知ってからことしいっとうかっこいいとおもった小宮さんっていう特殊技術感。

帰宅してから冷静にかんがえてみて、ほんとうに体液なのかしらくらいにおもえたりもするけれども、肉塊を模倣したものが散らばるのをまえにして吸うのだから、それがどうであっても衝撃はあります。

みために、音に、そして匂いと味に、そしてしかけをきいて頭にと、全感覚せめてくるかんじで、めちゃくちゃにたのしかったです、ぜひ。

DJなときも、DJしてるふりしてまったくうごかずにあらかじめミックスしてるのをながしてるだけとか、ほんといつもおもしろい。

知らないひとの体液なんか摂取してしまい、そのひとが憑依したのか、そのあとすぐちかくの19時ぎなにぎわう六本木交差点でふだんおだやかな星川とわたしが声をあらげて喧嘩してまわりの知らないあそんでそうなサラリー・マンに心配されて声かけられるっていうのも、きっと展示の続き。そのあとマサカーいって仲直りしてますので、ご心配なくです、よ。


2017年10月18日水曜日

Ducktailsの思い出は渋谷echoでライブしたときに、前座のなんとかホースってNNFから出してる…ってわたしもいましたね。Woodsんひとのソロ。ビデオで撮影する曽我部似の男がとても邪魔だった思い出が(のちのち下北沢Warszawaで仲良くなったけれど)
echo、なんかちょこちょこいってました。2階だけれど地下感すごかった。柳沢さんといっしょなことがおおかったけれど、元気かしら(美容師さんがおなじなので、うっすら元気とはきく)

ミックスとらないととDJソフトをいれてみましたが、コントローラーなくって、画面上で操作してみたら、むつかしいですね。やっぱりミキサーとオーディオインターフェースを買ってなほうがはやいですかね。

最近だとViolenceの新しいのとか、Stillとか、Binary Digitとかリピート率高め。Sadは届かない気がします。KIDNATHANをきくとあまり好きではないみたいで妻にキレられます。

2017年10月15日日曜日

カセット・ストアー・デイなんで。
毎年のことだけれど、いちおうかいておきます。
レコードストアーデイがうまくいきはじめたころに、UKでうまれて、そしたらもうね、とくにTabs Outとかね、USの普段からカセットのことかんがえてる勢から反発を受けて、普段買ってるようなところは参加しないし、日本でも初年度はどこもだったけれど2年目からは公式にできていろいろあるけれども、もちろんほしいのなくって。
そもそもそれよりもまえにその周辺でカセットの日、っていうおなじようなのもあったりしたし。
そういう怒りみたいなものももはやうすれて、ことしは当日おもいだしたくらいなかんじで。
Tabs Outはことしも「カセットストアーデイはトランプに投票する奴」とかひどいことかいてましたけれど、おととしくらいまでみたいにめちゃくちゃに怒ってはないですね。

日本だと、いっつもよい音でミックスとかだしてるMastered Hissnoiseが参加してたり、そういう普段からカセットのことかんがえてるところが報われるように、いつかなればよいのにな。ことしは再発ものもあったし。

USのほうではPTPがこの日のためにレコードでだしてたEndgameとCelestial Traxのと、データだけだったEavesのをカセットで再発、そしてその売り上げをプエルトリコに寄付。そしてGengもポータブルプレイヤーでDJするっていうイベントやったりと、よい動きも。
もちろん買いましたね。3本で送料いれたら9000JPYと。寄付なんでいいです。




そしてわたしはカセットストアーデイとか関係なく、いっつもカセットでDJです。
12月3日。11月1日はとりあえずあけておいてください、ね。


2017年10月11日水曜日

XDCVRが。
Opal Tapesからカセットだしてたんだけれど、衣服はじめましたね、トツゼン。
衣服のほうのアカウントなフォロワーが2名から増えません。




LSTNGTが。
Conjunto Vacioからついに。
注文して届くまでがまん、なんだけれど、たまらず1回ききました。やばい、もっときいてたい。めっちゃよいね。

2017年9月19日火曜日

日曜の夜。小岩Bush bashでのCVLTIVATE #3、#4へ。
きょうの朝帰ってきて、仮眠とってそのまま労働なんで、ざざんと。きょうのうちにかいておきたさ。

日曜。
朝目が覚めて、Twitterをみたら、Evianが “~カセット変態の方とか~来てくれ” ってかいてて、カセット変態ってほぼこちらのこと名指しやん、っておもいながら、彼があそこでこちらによびかけてくれる意味もわかるんで、もういくしかないと。
ちょうど、日曜日は夕方から小岩の系列店、倉庫で労働で、あらかじめきまってたみたいな。そしてこちらの労働が終わるのがちょうどEvianのでる22時っていう。ほんとうは、そこから車に乗せられ倉庫へいって、そのまま西荻窪へ戻って労働、なんだけれど、なんとかそのまま抜けようと。

夕方、西荻窪から小岩へ。小岩についてトイレットへよってでたら目の前にLSTNGTにおもいっきりばったり。完全に途中で抜けるとこころが決まって。

22時。
倉庫からお店へよって、すこしはなしてはしってむかって。徒歩1分くらいのところなんだけれど。
はいったらはじまってました。Moonscape with Evian Volvik。
もうかなりぱんぱんで、まえにいきたいけどなぁ、とおもってたらさらにひとはいってきてなので、うしろのほうから。まんまえに社長。そんな位置だから動画が暗いしちゃんととれてなさしかなかった。まえいってEvianにぶつかっておけばよかったとかいまはおもう。Moonscapeの真ん中うしろでいつもどおりな赤い布をすっぽりとかぶって、ノイズをかぶせて。
Chiroちゃんとかつながりはあるし、まわりはみんな好きだったりで、でもがっつりオタクなこちらはポストパンク方面の現場はすこしいっちゃいけない気がしてたんで、これまでみられてなかったけれど、やっぱりみるとかっこよかった。ひずんだ音と勢いに、ノイズがのっかっておっきな渦のなかを、つきすすんでゆくヴォーカル。
最後、Evianが布をはずして叫んで観客のなかへ。そしてヴォーカルのHate氏と並んでたって。いろんなこと、胸があつくなった。本人はイキってるだけとかいってるけれども、あそことおなじ場にたつこと、ふだんやってるビートとかアラビックなかんじではなくノイズな音質で真すぐ向かっていったこと、そしてその客に飛び込むことって、本気なイキリだとおもうし、かっこよかった。

終電なころになるとふだんこのあたりをみにな方がかえって、フォレスト感あるひとたちも混じって。
いま、こういうつながりかたとか、まじるかんじ、東京っておもしろいなっておもう。


Ms.Machine。
やるとは知らなかったし、ようやっとみられた。ドラムな方が急遽参加でその直前に曲覚えてっていう離れ業。そういうのかんじられないくらいに、立ち姿の強さとか、よかった。

BBYLN
Suburban Musïkの片割れ翼くんのソロ。まえChiroちゃんのイヴェントでやったときめちゃくちゃによかったらしく、みたかったのでうれしい。
ストロボが客のほうにむきっぱなしななか、はじめっから終わりまではやい調子のビートとノイズの暴力。BBYLNっていう声サンプリングとかもすこしはさむかんじが、いいなっておもうけれどすぐさま暴力。ところどころのリズムの変化とかありながらも、むきだしなまま無思考なままなぐられてるようなかんじ。
Solitude SolutionsのコンピでShattered Formが高速なビートのに変化してたけど、みんなこういう流れね、っていう納得。Marreckあたりの人殺せるかんじの調子のずれた高い音が鳴り響いて、うわっとなっておわって。
終始暴力の塊。最高だった。
そしてLSTNGT。
きょうはスクリーンなしだけれど、床に青い照明コックピット仕様。
SOLIPSISTIC、いきたかったけれど労働だったのでうれしい。
はじめはなにからのサンプリングなんだろう、はなしごえとゆったりとしたホラーのようなシンセな音。
それがとぎれて、はいりかたがめっちゃ勢い。はやいめな調子にたくさんな音がつぎからつぎにで。はじめきいたころは近未来都市ネオンななかを車で疾走だったのが、いまは高速な飛行物体で横切る勢い。
勢いのなかもしっかりメロディがあるし、そのかんじが、いちいちロマンティックだし。そこから一気につまみがふりきれてもはやノイズくらいな暴力的なかんじと。圧倒される。
サンプラーも連打してるところもあったり、タイミングがあわなくってけっこうあいたけれど、そのあいだのライブ感の進化がすごいな。シンセの並び、シールドの色、青い照明にと、そのばでしかできない目にみえることがらに、いつもこまかく気をつかってていうのが、やっぱり好きだ。音はちがっても、そういう美学っていうとあれだけれど、そういうところでこの界隈とつながってるかんじもあるし。
一度ビールをシンセにこぼしてみながらひやっとしたり。
Gate Guardian、Boarding Gate、Celestial Windとアルバムの曲もひさびさにきけたしめちゃくちゃうれしいし、すごくスムーズにつながってゆき。Celestial Wind流れると伊郷くんの姿をどうしても探してしまう。
まえにみたときもやってたかな、女性の壮大なヴォーカルとアンビエント質なところに、瓦解するサンプリングがはさまれて。こういうかんじも演奏しながらっていうのはいいな。ライブなんだもの。
そして最後。サプライズある、ってきいてて、リハのときもしめだされたんだけれど、マイクをおもむろにもって、マイクチェック。えっ、うたうのか、とおもったらそれをステージのまえへ。うけとったのはさきほどのBBYLN翼くん。
そして流れる音がききおぼえしかない曲、UnderworldのBorn Slippy。しかもコピーな域でやってて。
すごいのが、サンプリングしてカラオケ、とかではなくめっちゃ弾いてるところ。きいたら、元曲から音とったとか一切なく、その場で弾いてるほかも、弾いてつくってきたらしい。こういうところLSTNGTらしさ、最高だとおもった。
演奏したほうがすぐれている、サンプリングがそれより劣ってるっていうはなしをしてるのではなく、LSTNGTの音はそういうこだわりからどんどんとふくらんでいく音だからっていうことをいってます (誤解うんだっぽいので一応)


ライブなスペース、DJのいるバーのスペースがおなじくらいな広さで、ライブがはじまったらみんながなだれこむシステムなんだけれど、LSTNGTでライブは終わり。つまりスペースがあくってことでEvianがiPhone?から曲垂れ流し、ストロボを手にとってばちばちかましながら、みんなで踊り狂いはじめて。そのうしろでもくもくと片付けしてたはずのLSTNGTも機材おいてたテーブルにのぼってそこからとびおりてきて、青い蛍光灯をライトセーバーみたいに持って踊って。
こちらも30分ほどおどりくるって電池切れ。労働後の39歳なんで…。バーのほうへいくとスクリューなのとかムーディーな。ときどき扉が開くと爆音が、っていうおもしろいかんじ。
そういうのが2時間弱つづいて、最後はいってみたら、VarにLust For Youthな大雪の日とおなじ光景。倒れたEvianによりそう翼くん。そこに伊郷くんもぶったおれてたり。こういう子たちと知り合えて、みまもれてよかったなってほんとにおもいながら。
いったときからおわりまで外の台風が嘘のように、っていうか台風たいしたことなくって、終始雰囲気よかったし、カトーさんとかタクミさんとかも小岩まできてたりとか。めちゃくちゃにたのしかった。


バーのほうへでて、少し休んで、主催なHateさんに挨拶してHegira Moya氏といっしょに音楽遍歴とかはなしながら帰ってきて、仮眠して労働。30分の踊り狂いが足にきてレジ内に何度か崩れ落ちそうになりながら、おもいだしてにやついてみたりと、きょうもダメな店長でした、よ。

2017年9月15日金曜日

先週の土曜日!
ForestlimitでのSolitude SolutionsのフェスSolipsisticのことをざざんと。

Castration Fear。
フォレストのどまんなかにおもいっきりシンセやらがおいてあって、それをとりかこむかんじで。
社長のソロです、なはずがベースとか置いてあるし、ex-JESSE RUINSなNahさんがスタンバイしてて、まさかっておもったらユニット化してました。
LSTNGTとおなじあの白いシンセで胸がぎゅっとなる切ないメロディ、そしてノイズ、簡素なビートにサンプリングな会話がのってきて、っていうあたりまではこれまでとおなじ展開。でもそこから、社長の合図でNahさんのベースが。そしてうっすらとはかないささやきに近い声でのヴォーカルと、めちゃくちゃにいい。でもスネアの単発かげんが胸をしめげてきて、すごくいい。そしてノイズから、Nahさんもシンセで、コンピレーションにはいってた曲だとおもうのん、連打が急襲してくるかんじの曲。その急襲加減がプログラムしてっていうより、鍵盤おしてるかんじ、ライブ感があってものすごくよくって。Nahさんがはけて、ノイズのなか社長が叫ぶんだけれど、きこえなくって。
Nahさんがおもいのほかソンミに似てて、緊張してはなせなかったりとか。




Ultrafog。
安定の床スタイル。WWWβとちがって、座布団なし。
WWWなときもよかったけれど、音の圧がForestだと強くて、アンビエントだけれどしっかり強度のある音で、全身がつつまれるかんじ。流れてゆく音に耳を身をまかせていたら、かたかたと脳を直接かすめるような音がはいってきてここちがよい。そして、ひずんだ音とこまかくリズムをかたちづくるような音で、おっきな流れと細やかな流れがいちどきですごくここちよく。
いまテクノとかやってたひとがアンビエントにむかってて、それがいいっていうせかいの流れにちょうど合致してるし時代つかんでる。



Cemetery
Ultrafogとともに、WWWβでみたところだけれど、やっぱり音の鳴りはちがって。
水中のなかのようなアンビエントの隙間から徐々にわきあがってくかんじ。光がさしこんでくるっていうよりも影がさしてきて、元の風景のやさしい光がうきあがってくるような。
フォレストのほうが、振り切れてノイズっぽさ、なかんじが強い。ロシア方面なダブテクノ感あったり、ちょっとサンプリング? シンセ? なオリエンタルな雰囲気の音の連なりがかさなって、声のダブ加減が、German Army感っぽさもあるし。そういうのもあるからかテクノ感あるところがながいめにかんじたり。
Angoisseのんたのしみ。



Rottenlava。
ちょうど当日引っ越しっていうあわただしいかんじであらわれたロッテン。おちついたら植物もって遊びにいきたい。
はじめはゆったりとした音の連なり、怪しいアジア感。調子をかえてすこし加速して。アジアなのか、もっといたりあのあやしいテクノ、Si-fi感もあるし。こういうシンセ曲ってかんじもロッテンいいなとかんじたり。
そしてSmog Jog。イントロだけでもこちらのテンションがおかしくなる。おもいっきり低音割れてて、あららとなるんだけれど、こっからおもいっきりもちかえすのね。
コンピレーション曲なHeatworm3やってそのあとの展開がほんとまったくほかできいたことないような展開で、にやにやわらいっぱなしで。
大振りで暴力的すぎる低音が打ち落とされるところに徐々にミュータント感あるミニマルな音が重なってきて加速。Via Appちゃん感もあったり。最後はただただ素早い暴力のような、目に見えない拳をうけつづけるような。ほんとBankはロッテンをだすべきってあらためておもったり。



朝から星川と健康診断いったりとかで、ちょっとつかれちゃって、Chiroちゃんが流すYouth Codeななか帰りました、よ。

2日連続、日曜の部はおもいっきりしごとなんでみられず、泣きながら労働してました、よ。