2017年4月18日火曜日

2017年3月の買い物リスト buying list March 2017



3月

買ったもの

カセットテープ
J T WHITFIELD “COATED AND SUBMERSED” (Clan Destine)
Mater Suspiria Vision “HEXENSABBAT” (Clan Destine)
D.Å.R.F.D.H.S. “Till Minne AV” (Total Black)
S.English “Conscious Walk” (Unknown Precept)
BAT “Gallery Tape” (Working Nights)
Pharmakon “‘Deserve It’ : Live In Chicago” (Chondritic Sound)
Palberta “Hot On Te Beach” (JMC Aggregate)
German Army “Cattle Border” (Clan Destine)
Barry Helafonte “Neon Beach” (Orange Milk Records)
Darren Keen “It's Never Too Late To Say You're Welcome” (Orange Milk Records)
Loto Retina “Fiction” (Orange Milk Records)
David Kanaga “Operaism” (Orange Milk Records)
Hans Appelqvist “Swimming Pool” (Orange Milk Records)
George Too Bad /Bunny JR. “s/t” (8ball)
Bunny JR. “HOT 92.3 Old School Vol.4”
V.A. “Maldoror” (Chondritic Sound)
Blood Room / Micromelancolié “Creek Trax” (Alway Human Tapes)
A I W A “Prepper Mindset” (Always Human Tapes)
Jason Tibi “Buried” (Alway Human Tapes)
Kyle Eyre Clyd “Eaux” (Ultraviolet Light)
Max Eisenberg / Max Eilbacher “s/t” (Ultraviolet Light)
FAD / Mahesa Almeida “s/t” (Tandem Tapes)
DEIPHIX “Millenla” (DEIPHIX Co.)
The Creatrix “Approbating An Abandoned Helm” (No-Tech)
ANFS / Åmnfx / Anselm / Idolatry /MAchine Woman “MDM H” (MMODEMM)
Spurz “Loud Futures” (Apothecary Compositions)
Druid Cloak “O.R.C.S.” (Apothecary Compositions)
Eaves/Kid Smpl “DISPLAY001 / DISPLAY002” (Display)
Michaelbralley/WWWINGS “DISPLAY003 / DISPLAY004” (Display)
Bronze Teeth “Artex” (Opal Tapes)
Domenico Crisci “Body Punishment” (Opal Tapes)
Madalyn Merkey “Untitled” (Chantal)
Madalyn Merkey “Super Star / Ready to Rock” (Chantal)
Nikolay Sunak “Romantic Collection” (Discrete Tapes)


レコード
Tzusing “東方不敗” (L.I.E.S.)
Blanck Mass “World Eater” (Sacred Bones)
ANNA “Electric Dreams” (STBO Recordings)
Minimal Violence “Rapids: The 2015 Sessions” (Jungle Gym Records)
Caveman LSD “Untitled” (City-2 St.Giga)
WWWINGS “PHOENIX” (Planet Mu)
Eaves “” (PTP)
Hand Habits “Wildly Idle (Human Before The Void)” (Woodsist)
Kelly Lee Owen “s/t” (Small-town Supersound)

DVD-R
V.A.“Very Gois #3” (niceshopsu)

USB
AHS “V” (Opal Tapes)


いただきもの

カセットテープ

Tans  “Die Unsichtbare Überall” (Seegrave)

2017年2月の買い物リスト buying list February 2017



2月

買ったもの

カセットテープ
Alley Catss “” (Midlife Music)
Raime “Our Versions Of Their Versions” (Reel Torque)
Carval Tarek “La Resistance (Nique La Musique De France)” (Editions Gravats)
xPhone Tweeted Hetana “X0008 CAT anyD” (Dream-Disk Lab)
Bearcats “Break Up Stories” (Frux Tapes)
No Gum “Classic” (現代社会Records)
Matriarchy Roots  “Treated Equally” (Several Minor Promises)
Magdalena’s Apathy “From Magdalena To Leftina” (Several Minor Promises)
Helm “Rowabet” (Big Love)
Croatian Amor “Love Means Taking Action” (Big Love)
Body Of Light “MMXVI” (Big Love)
bod [包家巷] “Orchestra of the Frozen State [冰国乐队] ” (Pastel Void)
Chela Una “Serotonin Flux” (Pastel Void)
die Reihe “Housed” (NNA Tapes)
Selofan “Verboten” (Fabric Records)
Xiu “Possession” (Beläten)
V.A. “Styles For Relaxation” (New Information)
Diaphanous DJ & DJ Gray “Sensus Vitae ‘Sensations Of Life’” (No Exp ’17)
Arrow “Voyage” (Crash Symbols)
Knækkede Stemmer “Usagt” (Alien Passengers)
German Army “s/t” (Trapdoor Tapes)
V.A. “The Palermo Protocol” (Posh Isolation)
Bryce Helm “Persona” (Genot Centre)
Dane Law “r.bit” (Genot Centre)
Puma & The Dolphine “Small Things” (WTF IS SWAG)
Blood Room & Solo1 “VFR” (WTF IS SWAG)
Carla Dal Forno “You Know What It’s Like” (Blackest Ever Black)


レコード
Prostitutes “Dance Tracksz” (Diagonal)
X.I “Last Waves SP.” (Mind Records)
Tough Tits “Hairless EP” (Drunken Sailor Records / Frux Tapes)
Ssaliva “We Never Happened” (Ekster)
Twins “Rather Not” (Enfant Terrible)
Aya Gloomy “Ennui Ground” (STBO Recordings)
Francesco Cavaliere “Gancio Cielo 2 (Il Gruppo Respingi Comete)” (Hundebiss)
Mark Leckey “Fiorucci Made Hardcore” (The Death Of Rave)
Ramzi “Phobiza ‘Noite’ Vol.2” (Mood Hut)
Holy Motors “Sleeprydr” (Wharf Cat)
Doon Kanda “Heart” (Hyperdub)
Moor Mother “Fetish Bones” (Don Giovanni Records )
Elko B. “I Bambini Di Basilisco” (Ekster)
Naaahhh “Themes” (Blackest Ever Black)

CD
(703)863-4357 “Lyse” (Pastel Void)
V.A. “World's Ambient” (Onmyodo Cassette)
The H “On Organization” (Los Discos Enfantasmes)

ダウンロード
PF “PF$$$$$$$$$$$$$$” (Wasabi Tapes)

いただきもの

カセットテープ
The KLO “Sexy Acid Fishmarket” (Mastered Hissnoise)
DJ Wada “Garden” (Mastered Hissnoise)
Fumi Sato “Hydroelectric” (Mastered Hissnoise)


CD

YAMAAN “NN EP” (Math.Beat Records)

2017年1月の買い物リスト buying list January 2017



1月

買ったもの

カセットテープ
fdg. “Dust / Outlines” (Angoisse)
Futura “Your first memory is already gone” (Angoisse)
Luxury Elite “World Class” (Clash Symbols)
Syllabus “July” (Business Casual)
telepathテレパシー能力者 / HKE “愛慕 / 悲哀” (BLCR Laboratories)
V.A. “The Eternal Dream System” (Dream Catalogue)
猫シCorp. “Cosmopolitan Dream / Sunday Television” (Naughty Night)
LSTNGT “Conversation Piece Vol.1” (self release)
Bloom Offering “Separation Anxiety” (Plush Organics)
Gloga “Material Hangover” (Plush Organics)
V.A. “Love Manual Vol. I” (Plush Organics)
Early Tongue + Dealing “s/t” (Ascetic House)
IXTAB “Alea” (Bezirk)
Delphine Dora “Le Fruit De Mes Songes” (Bezrik)
Speaking Parts “Threads” (No-Tech)
IXTAB “Avernus” (Czaszka Records)
Coarses “0x002” (End Result)
V.A. “Konfabulation” (Nen)
Morkebla “A Field of Secondary Craters” (Czaszka Records)
V.A. “Contemporary Dance” (Opal Tapes)
XDCVR “Cold Slab” (Opal Tapes)
fFacialmess “The Onedin Line” (Opal Tapes)
neu orpheus and evan a. james “It Is All A Great Strange Dream” (Adhesive Sounds)
V.A. “Galleria Reveries” (Adhesive Sounds)
Bruma Camp “s/t” (Clan Destine)
Da Goblinn “Deejay Fou A L’extérieur” (Clan Destine)
death's dynamic shroud.wmv “失われた時REGRET” (Midnight Moon Tapes)


レコード
Via App “Sixth Stitch” (Break World)
Body of Light “Let Me Go” (Dais Records)
Angel Olsen “My Woman” (Jagjaguwar)
German Army / Old Komm “Disquiet” (Discrepant)
Jump Source “Guide To Action” (ASL Singles Club)
Jesse Osborne-Lanthier “Unalloyed, Unlicensed, All Night!” (Raster-Noton)
Strahinja Arbutina “s/t” (BANK)
Russian Tsarlag “Unexplained American Goat” (Wharf Cat)
Esprit空想 “Virtua.zip” (100% Electronica)
Manie Sans Délire “Untitled” (June)
Rune Bagge “Ingen Tak Til Systemet EP” (Ectotherm)
Schacke “Patterns Of Susceptibility EP” (Ectotherm)
Priests “Nothing Feels Natural” (Sister Polygon Records)
Boy Harsher “Yr Body Is Nothing” (DKA)
SPR! “Mental Health” (Hoga Nord)

USB
Swan Meat “Bounty EP” (PERMALNK)


ダウンロード
V.A. “Physically Sick” (Allergy Season)

V.A. “Club Chai Vol. 1” (Club Chai)

2017年4月15日土曜日

先週は。
調子よく更新できてたんですが、またとまった。

結局、まだまよってるのですが。
Ascetic Houseがレコードをいちどきに、いっしょにUSBフラッシュメモリーをだしてて。レコードだったらいくつかほしいな、BLにはいるかしら、でもUSBね、気になるよね。
Opal Tapesからもカード型のUSBファッシュメモリーで、メタリックな表面がかっこよかった。音もそれにあわせてか、電子信号感。





AngoisseはCVNとかだすCDシリーズはじめるし、けっこう硬派なところがこういういろんなかたちでだしてきてて、おもしろいなと。

CDは日本だとむつかしいですよね。海の向こうだと、CDなリリースがすくなくなって、1周してまたCD-Rなのって新鮮にかんじられるんだるけれど、1周してないから。そういうたのしみをひとつのがしてる。

こちら、カセット至上主義、な印象があるとおもいますが、そんなことなく、それが似合うかたち、レーベルからリリースされて、そのリリースされたかたちのをきく、っていうのがよいなとおもってます。
ものででてて、ついでにデータもでてるっていうのは、もの優先で。DJするときも、そういうことかんがえてやってて、というかわたしがカセットでやらないとおおよそ呼ばれてる意味がないので。
そんななんで、ものなのをものでやんないのはあんまりひかれなかったり。レコード屋さんのひとがものじゃなくってデータでやってたりデータで買いまくってるとかみると一切信用できないなとおもったり。

PERKの。
音楽なページが、前号につづいて、おおよそ読んでるひとを置いてけぼりにするかんじで、いいなとおもいます。
この春、いろんな雑誌で音楽特集がたくさんあって、どれもほんとそれでいいの? ってかんじでした。みんな知ってることがそのままのってるかんじ(むしろわたしはしらない)、先へ進まないかんじ。みんなが知らないことをのせることより、共感を得て安心するかんじなのかしら。刺激がいらないんでしょうか。とくにG◯NZAのティー・シャツんやつはひどいなって。ファッションなところからめるところなのに、その方向選ぶかっていう。
わたしたちのころは、っていうおっさんな語りだと、雑誌で得るものがすべて、っていうかインターネットがそんなにだったんで、それしかなくって。だからインターネットな、ないまはそういうことをやるのってむつかしいのかなとか。
あと、こちらみたいなおっさんがこういうところでカセットが、とかなにかしらをかいてたところで、っていうのはおもってもいたり。だから、ああいうところで、こちらが好きなものがのってて、ファッションともからめて、っていうのは未来があってよいなっておもいます、よ。
そうかんがえると、数年まえのFUDGEなサクマさん連載とか、読んでるひと置いてけぼりでよいなとおもいかえしたり。

2017年4月6日木曜日

イタリアの。
届かないことで有名な(イタリアは届かなさつよい)Haunter Recordsから7インチが2枚届いて。
そのうち、Petit Singe。
まえにここからだしてたカセットが大好きで、ひさびさ新作。
インダストリアルなかんじと民族っぽさのバランスがとてもよく、今作はそのあたりのそれぞれのかんじが鋭くなってて、よいです。
PTPからなEavesのレコード買ったらついてたダウンロードなだけのリミックスのに、Petit Singeがはいってまして、よいつながり方。ここつながるかっていう。Floraにx/oも参加してる。




PTPのよいところって、人選のかっこよさっていうのもあるけれど、でもそれだけじゃあない、カセットのB面がごぼごぼずぶずぶなしゃべりだけとかにしてくる変なところ。ただかっこいいだけでないところがいい。

Petit Singeを知ったのってBrad Roseの記事で、あぁ、なつかしいな、と。あそこまで先頭きってたひとが一切やめてって、それはそれですごいなとか、娘の写真ばかりがあがるInstagramをみて、しあわせそとか。



2017年4月4日火曜日

女子の。
インディなSSWってほんと目にするものはすべてくらいな勢いで追ってたけど、きょねんあたりからは女子もテクノってなってしまって、ほんとおわなくなっちゃって、でもこの子はBLさんでライブ動画みて、めっちゃ好き、でようやっとレコードを。




新年度、ってかんじできくものもけっこうかわってきたかんじ。
ロウなハウスとかってきょねん途中からまったく耳が向かなくなってて、やっぱりVia App、Umfang、Nick Klein周辺だったり。このあたりはどんどんでてくる。みんなはげしいめ、でも暗黒ななかにユーモアがある。
ロシアもちょこっと停滞して、サクマさんのはなしだとブダペストらしいのでちょこっと調べたりしながら、あと今好きなのはStaycore周辺女子か、
DKACGIあたりも雰囲気かわってきて、あいかわらずかっこいいしって結局あのあたりはずっと好き。
きょう。
誕生日プレゼントに星川から沼自撮り刺繍ポーチをもらいました。
木々の立体感がものすごい。ミニEmamouseをつくってたときもそうだけれど、かたちにするちからがものすごいとおもう(身内だからいってるのではなく)。キノコの展示のときも、きのこはなんとなくもとからファンシーなかんじがあるからそんなにめだたないけど、きのこが寄生する昆虫の昆虫部分のこまやかさがものすごかった。

冬は休みな期間みたいだったんで、あたたかくなったらいろいろたのしみながらやってほしいなとおもいます、よ。



2017年4月3日月曜日

Why Beを。
金曜の夜、しごとのあとCircusへいってみてきました。しごとのあとはからだがきついんですけど、Halcyon Veilあたりのひとをみられるのってなかなかないし、Elycia ClamptonらとのDamon Cityがめちゃくちゃに好きだったりで、どうしても。
DJでして、まぁ、おもいっきりBoiler Roomなのそのままなかんじでした。Hiphopにグライムにそのあいだに空間多めなシンセなかんじに、ミニマルなテクノやらはさんできたりして。その挟みっぷりの切り替え感がかっこいい。
はじまってすぐは撮影会みたいにフラッシュばっしゃばしゃ。男まえでした。

先週のMotion Graphicsなときにマルくんとはなして、海のむこうのひとってDJなときってちょっとポップになるよね、っていうはなしで。
そうかんがえると、Floraはけっこうポップではなくおもいっきり空間つくってみたりとか、かっこよかったなとおもう。
そして、そこそこおっさん、っていうかおおよそあの日の客最年長にはこたえるかんじの若さがあふれた場で、いや、それは若ものな場だったから、わたしが場違いでして。
先週のContactのほうがよりそうなんだけれど、音楽をまっすぐききたい側だったりするので、ファッションな傾きがつよすぎるとそれはそれでつかれちゃうし、だからってエクスペリメンタルなだけの場っていうのもきつい。バランスってむつかしい。でもみられてよかった。
アメリカ行って帰ってきてからあえてなかったEvianやセメちゃんにあえてよかったです。
St.Croixちゃん、まえにこちらのDJをみてくれてかっこいいといってくれたりで、ききたかったけれどからだが無理ってなって帰りましたん、ごめんね。

そしていっとうの盛り上がりはいってすぐにDJしてはった方がLSTNGTをかけてたこと。

Sacred Phrasesは。
いまはけっこうどこもカセットだすし、日々あたらしいレーベルができるしな状況だけれど、その下地になったdigitalisやらHobo Cult、Hooker Visionやら、よこのつながりがしっかりとあった頃にはじまった、いまや老舗なかんじのところです。シンセなひとばっかりあつめた2本組なコンピレーションが、当時のわたしにとってはそのとしのベストな布陣くらいだったり。
その当時のカセットレーベルのもつ秘匿性やらってBandcampが取引の主流になったあたりから無駄に拡散されたりで、いや、広まるのはよいことだとはおもうけれど、その当時にカセットなんかだしてたひとってやっぱり地下なかんじを好んでたりひねくれてたりで、レーベル停止しちゃったところもけっこうあったり。
そのなかで、Sacred Phrasesはデジタル配信だけのシリーズをはじめてみたり(すぐやめた)とかまえを向きつづけて、LXVにKara-Lis Converdaleをだしたりとか、しっかりいまにつながるかんじにつづけてきて。
そんなSacred PhrasesからCemeteryがリリースって、めちゃくちゃにかっこいいことだとおもう。
あそこのを手にしてきくひとってやっぱりちゃんとカセットが、シンセが好きなひとがおおいだろうし、あたらしいめなはやりなレーベルからだけだすよりもしっかりと届くし残るはずだし、レーベル側にとってもあたらしい風となるだろうし、そんなおしらせ(あくまでおしらせではなくレーベル側のフライングだったみたいだけれど)をみてすぐなときにセメちゃんからおはなしきけたし、リリースされるのがたのしみです、よ。


2017年3月31日金曜日

あしたは。
というか今夜はWhy Beをみにゆきます。
先週、気づいたんだけれど、みんな知ってました、教えてくださいよ。Co-opっていうとこのコンピレーションがいますぎた。Why Beのほかに、UmfangにFrolaとか。



Secret ThirteenのCVN mix、しっかり日本のつながりに、かっこいいところをはさみながら、Iceまではいっててっていう、めっちゃよくないですか? 



Further Reductionsの女子Rose E. Krossがソロでライブをちょこちょこやってて、気になりまくっています。

CVNのライブをみたくなってきました。きょねんはほんとたくさん、定期的にみられたので。
社長、桜も咲いたことですし、そろそろフェス時期じゃないでしょうか。
きのうのK/A/T/O MASSACRE。
Hegira Moya。
CNDMMゆけなかったんで、っていうかいつも日曜日でいけなんですが、ことしはじめてみられました。
ギターなし、シンセとサンプラーのみっていう、けっこうこれまでのイメイジをかえてきてて。
ギターがあったときは風景がふわっとひろがる瞬間があったけど、今回は機材が異様に光を放ってて、異様にがやついたなか(マルチネギャルが多数)で、とても細い光をたよりにゆっくりと歩いてゆくような感覚で、心地よかったです。

<script async defer src="//platform.instagram.com/en_US/embeds.js"></script>

YAMAANさん。
ライブはみられたことがあったんだけれど、DJははじめてでした。

さわさわとしたかんじや、ふんわりとしたニューエイジィなところから、悪いHiphopにつながってゆくかんじ。ものすごいなと。でも感覚としてかんがえてみたら、Acemoとか、流してはったYves Tumorもそういうかんじがあるし。きけてよかったし、その余韻をあじわうべく早めにかえりました。ひとたくさん。
James Kのレーベル? からWilted Woman。
James Kのターチはきょねんいっとうきいた。

年末だったか年始だったか。
Instagramで唐突にChantalっていうのにフォローされて、これ誰なんやろう(っていうのはけっこうあるけれど)とみてみたらカセットをリリースするみたいで、それもNew ImagesからだしてたMadalyn Merkey。なんかよくわからんけれど、即注文。
あとでTTWKがLynnさん関わってるっぽいっていってて、まちがいなかったっておもったまま、Bandcampとかではなくサイトで注文だったし、いつのまにかInstagramのアカウントが消えてたりで忘却してたら、きのう届きました。

あのカセットちょうどな段ボール箱に住所かかれてるやつが、さらに袋にはいってっていう謎な包装。
1本だとおもったら、2本きた。Jカードなし、カセット自体に色違いなプリント。


どっちもかなりローアファイな録音。
ピンク側。
もこもことした感触のシンセからはじまり、宇宙なノイズドローンのすきま、ときおり宇宙空間がかいまみえる、AB面ともにそれぞれ長尺なシンセな曲で、これまでのレコードよりつくりがシンプルなかんじで。
そしてグレイ側。
なんとおもいっきり歌もの、というかカラオケ感。ピンク側の音をよりローファイにしたかんじのものに、これまたへろっへろなうた。ときおりとぎれるし、構成もゆるすぎて、あんまり多作じゃあないし、人柄とかみえてこないMadalynちゃん、より好きになるかんじで。

うまくスーさんあたりであつかいがあればものすごくはまるかんじでした。

2017年3月29日水曜日

luteの。
音楽偏愛家、っていうあたらしい連載の第1回目でインタビューしていただきました。
こちらがきかれてはなしたことばを、ほかの方が選んで文字にして、っていうのが新鮮で。
おはなしをうけたときは、音楽狂人探訪(仮)、ってタイトルでしたが、さすがにかわりましたね。
あといくつか、CVNとかおすすめなのをあげてたんだけれど、LSTNGTがつかわれてました。あそこをよむひとにきいてもらえれば、うれしいな。


2017年3月28日火曜日


25日に。
39歳になりましたん。39歳っていうか40歳まであと1年ってかんじ。
ノジくんがお祝いにきてくれて、木刀をくれました。

普段使いにちょうどな重さ、長さです。
みなさんも、日々の暮らしに木刀を。

Displayシリーズ

ちゃんとしっかりながくな文章にならなくったって、更新つみかさねていかないと、じぶんのなかの流れがつかめなくなってきたので、ざざんとなんとか毎日すこしでも。39歳になったタイミングで。

Apothecary Compositonsからな届きもののこと

DISPLAYシリーズ。
Kid SmplがはじめたLAのSYMBOLSサブレーベルで、それぞれがカセット片面な長尺1曲をリリースしていくっていうもの、っていう説明がかいてあります、Bandcampに。
わたしはといえば、SYMBPLSにKid Smplを知らなくって。
そんなことより、まず装丁がよい。
カセットをジップロックにいれるとなぜこうかっこいいんでしょう。ただ、ものすごく保管しづらいけれども。

そして人選が。
PTPからちょうどレコードでたところ(Boomkatからいまとんできてる)なEavesとKid Smpl。
もうひとつはMichaelbraileyとWWWINGS。
MichaelbraileyとKid SmplはHush Hush (けっこうながくつづいててBandcampフォローしてるけれど、なんかまったくみないレーベル)組、そこにPTP側がからんでっていう。

Michaelbraileyはうっすら加工した熱いヴォーカルにクラシカルな音、そこに放送声がからんだり。
WWWINGSはPlanet Muからのんがジャケットよいなとおもいながら逃したけれど、このカセットきいてやっぱりよいなと検索したらみつかったんで注文。金属飛び交い空間ずたずた系。ときおり生々しい打撃もあったり。



Eavesはかなり空間に隙間があるなか、細切れな打撃な。好きなかんじ。
Kid Smplはそこらへんの雰囲気に近づきながらもエレクトロニカ風味。



最近はずっと追ってるか、ぽっとでてきたみつかったよくわかんないレーベルなのを注文することがおおいです。

そしてよくわかんないだけあってけっこう届いてなくってこまります、ね。

2017年3月27日月曜日

ContactでのLQQK×GATEWAY presents Culturesport TVのこと

金曜日。
労働おわってからContactへ。たくさんでるけど、Bookwormsをみに。
Bankからでてるひとのライブをみられるって希少です。Motion Graphicも、っておもってたけれどこの日はDJ。
1時ちょっとまえについたら、もうひとぱつんぱつん。Contact、これで4回目くらいだとおもうけど、こんなにひとがいたんはじめて。海の向こうのひとたくさんなのと、やっぱりファッションな方がおおいかんじ。

で、1時からもうBookworms。
存在を知ったのはVia Appちゃんとよく写真にうつってたので。
モジュラーとエレクトライブと、なんか手元にふたつくらいとか機材たくさん。
そしておもいのほかはげしめ。基本、はやめなミニマルなかんじなんだけれど、絶対に外しがあっておもしろい。ほんとVia Appちゃん系なかんじ。キックな音をおもいきり強めかとおもいきや、それをとっぱらってみたりとか、ノイズがかった音を唐突に高速にしたりとか。
高速な突進だったり、ところどころモジュラーな音が飛び交ってみたり、これよく1時間できるなってかんじのはちゃめちゃな展開。
Bankからでてたのよりも、コンピなAllergy Seasonにはいってた曲なかんじ。もっとはげしかったけど。ロッテンちゃんにみてもらいたかったかんじ。
そしてつぎのひとへの受け渡しなとき、ノイズをふくらまさせて、手元の機材を連打してながら待って、最後にその機材を宙に放り投げて、っていう終わり方。最高。

Nglyがほんとちょうどかぶってしまってましたん。
そのあとはもうひとがおおくって、でもTraxxのフロアはすっかすかっていう。
いったらAyaちゃんが踊りまくっててかわいかった。
そう、アイコスだけ吸える部屋のところに、スクリーンたくさんで、そこにフライヤーなGIFにもあったアニメーション、そのけっこう長いものが流されてて。あとフロアのほうの壁の両側にも。
Motion GraphicはグライムなかんじのDJ。
あとのひとはもうひとたくさんでちゃんときけてないです。でも、けっこうふつうなかんじ。
海の向こうのひとたちが、ダンスバトルはじまるんではくらいに踊ってたり。

で、ライブもみずにDJもきかずになにしてたかっていうとふらふらしてるか、まだかけてないけれど、水曜のスーさんイヴェントであえたSex MagazineのAsher Pennとおはなししてましたん。
小田原についてあつく語られたりとか、こちらの部屋のはなし、こちらが持ってるSex Magazineをかざってる棚のはなしとか、うまく英語がはなせないこちらにも、やさしくあつくたくさんおはなししてくれて、ステキな方でした。
なんというか、アートのファッションに、音楽にと、地下でたのしくかっこいいものたくさん紹介してるSex Magazineってあこがれでしかないので、めちゃくちゃにうれしかったです、よ。

5時に終わるかんじだったのが、5時半からまたMortion Graphicはじまってみたりとか、みんななんじまでいたんだろうと。いや、この日はあんまり知ってるひときてなかった。みんなwebのほういったのかしら。


2017年3月22日水曜日

棚に常設してある81年の浅野温子写真集定位置をおびやかしてる。でも、これ飾ってたら、居候が不機嫌になるかしら。
ひとひとりを撲殺できるくらいの厚さです、よ。

土曜の。
ヒロポンFEVERのこと。
PLO Mans、S.O.N.S.な来日にあわせてなヒロポンFEVER。Bonobo。Bonoboで、っていうのもこれで3回目です。でも、今回はうえの階。Bonoboの2階って畳しかれてて、座敷になってて。そこでアンビエントなセットで、とのことで。いつもは暴発テクノをながして収拾つかなくなってへらへら笑ってるんですが、今回はゆったりと。
わたしのまえはヒョードルくん。ロシア8割な、レコードでのセットで、めちゃくちゃによい。あのバイクなジャケットのやつ、買い逃したのがいたいなとおもいながら。


そしてわたし。
90分なんでゆったりと。

Sam Kidel “Disruptive Music”
Alley Catss “sarah's death (blue kingdom)”
Jesse Osborne Lanthier  “Velocity, Bilocation, Pyrokinesis Feat”
CVN “Frost 1am”
Loto Retina “Canal Xylo Sat1”
Lexxi & Elysia Crampton “Esposas (No Drums)”
CORIN & ju ca “Praeludium”
FLORA “City God”
Ssaliva “I Appreciate Your Concern” 
Rabin & Chino Amobi “The Great Game : Freedom From Mental Poisoning (The Purification Of The Furies)”
S U R V I V E “Other”
Son oF “The Struggle”
LSTNGT “Infinite Running”
death's dynamic shroud.wmv “฿EĐR☯☯M訪問 ”
Ultrafog “Coming Throught The Haze”
CAO “Descendent River” 
Carla Dar Forno “Fast Moving Cars”
James K “R.I.P. ”
NV “Binasu”
Letha Rodman Melchior “Hypatia Rilles”


Sam Kidelをゆったりながせてよかった。
ヒョードルくんが友達だったりなロシアのをたくさんながすみたいに、わたしもSolitude Solutionsのをいくつかで、そういうかっこいいひとたちがまわりにいるのはうれしいこと。
Letha Rodman Melchiorはここ数年なアンビエントってなかではいっとう好きだし、曲がながいんで、つぎのひとへのうけわたしのときによいかなとかおもったり。

前日、IN HAなつかれがあって、ほぼしたへはゆかずでした。JRくんのDJもめちゃくちゃよかった。日本のから、GASまでってかんじで。
JRくんレーベルSt.GIGAからなCaveman LSDのレコードを。黒い穴開きなのに、ジャケットなしでも帯ついてるだけでかっこいい。

CLSDはきょねんヒロポンFEVERで共演したDJ Paradise新名義です。youngsantaかわゆい。

2017年3月18日土曜日

WTN? からなころは勝手にゴルいあつかいうけててかわいそうだったNPLGNNも2017年はこんなかんじに。
イタリア勢、きょねんはものすごいことに、っておもったけれど、いまいちみんなださなかった。ことしは期待。
かきかけてなげだしたきょねんの最終ベスト50、Reel Torqueからのんは5位でした。いまだに読み方わかんないんでヌプルグンいうてます。


きのうのIN HA、ロッテンちゃんが優勝だったんだけれど、ライブのあとTTWKがロッテンちゃんはE-Saggilaとsplitだすべきっていってて、そういえばSummer Isleのんまだ買ってない、って開いてみたら売り切れてた、死。
あとE-Sは女子だと教えてもらって、あっ、もういま最強じゃあないかとおもいました。E-SはBANKからでるしロッテンちゃんもそのあたりからほんとにでるべき。日本の未来。

2017年3月14日火曜日


今週の土曜日18日、原宿のBonoboでのヒロポンFEVER、PLO Man、S.O.N.S.来日のんで、2階な座敷でアンビエントなDJやります。
LSTNGTのなかのひとに、フライヤーになまえなかったですやん、といわれましたが、真ん中らへんにちゃんとのってますので拡大してください、ね。
ヒロポンFEVERはまえにもださせていただいて、そのときはポータブルのんが途中で故障し、申し訳なさしかなかったので、今回はがんばります、アンビエント。
スペシャルなゲストのこときいてないん(どころか来日組のほかは共演者すらフライヤーでるまでしらなかった)ですが、なんとなく予想はつきました。たのしみ。前日夜なButtechnoとROTTENLAVAなIN HAから二日連続になりますけど、みんな遊びたおしましょう。
東京のカルトキャラ。


2017年3月10日金曜日

あたらしい。
ラジカセをHMV渋谷で買いました。Le Perrieさんが入荷とお知らせしてくれてて。
ダブルカセットだし、SONYだし、これまでつかってたのんのスピーカーの出力だと3倍だし、CDもきけるし。
これ、1900JPY。
W◯lzとかでたっかいラジカセ買うよりもよいとおもいません? というかこれでじゅうぶんです。

DJなときラジカセ2台もっていけば音が安定する、とおもったんだけれど、さすがに重たいかな…
先週の。
K/A/T/O MASSACREのことをいいかげんかきます、ね。

これが5回目(星川とのHDDをふくめたら6回目)そしてちょうどはじめてよんでいただいてから1年くらいっていう。

soujさんところからミックス発表してた虚山さんがノロわれて変更になった起き上がり赤ちゃんさん。60歳ってかかれてたけれど、冗談だろうとおもっていったら、ほんとに60なおじいちゃんでびびりました。なんかいろいろでぎりぎりおわったところでついて、鈴みたいなんがなる赤ちゃんたちが地下で並べられてる光景は異常でして。

つぎアート倉持さん。
はじめて知りました。おもちゃな音からはじまって、HundebissのPrimitive Artとか、Dirty Beachesとか、なんか幅が広い変態なかんじでよかったです。

そして、analchangとRenick Bell。もうね、60なおじいちゃんはいるし、客は3分の1くらいが海の向こうからのひとだし、analchangは着物姿でうろうろしてるしと、カオスっぷりはこれまででいちばんだった気がする。
RenickはおととしLorenzoなときにCommuneでみたりしてたけれど、analchangは動画しかみたことなく、恐怖でしかなかったんですが、おもいのほかというか、めちゃくちゃにあってた。アンビエントなかんじからはじまって、analchangの声なんだけれど、エフェクターとか通してないのにおそろしいくらいに変化するし、Renickのラップトップがうつしだされるまえで、その文字を浴びながら金色な紙をかぶって椅子に立って叫んでと、かっこよかった。なんか、けっこうこういうかんじの絡みってわたしは好きではないほうだけれど、ほんとすごくよかった。



そしてわたし。
序盤、おもいきりミスしました。ポータブルのほうが音でねぇってなって、一回崩れるとそのあとおもいっきり崩れたままっていう心の弱さ。まえの週のFloraのDJが空間たっぷりなところから、たたみかけるビートなのと、緩急、間がすごく好きで、ちょっとああいうかんじやりたいな、っておもいましたが、やっぱりわたしはつっぱしるかんじしか。
あと3曲はかけるつもりでしたが…。でもロッテンの暴発感とLorenzoがけっこうはまったとおもいます、Lilyも笑ってくれてたし。たのしかった。あと、Alley Catss気に入ってます。おととしくらいにOpal Tapesからだしてたけれど、このひともいまなかんじになってるっていう。

Alley Catss “3ro”
Chino Amobi & Elysia Crampton “Children of Hell”
Organ Tapes “2GOD (DJ CORPMANE'S INSTRUMENTAL VERSION)”
ssaliva “regen”
Magic Fades “Gucci Diaphram”
Swan Meat “Bounty”
FLORA “City God”
CVN “The Next Olfaction”
Katie Gately “Sire”
death's dynamic shroud.wmv “฿EĐR☯☯M訪問”
Via App “Looking to the Same Sign”
Umfang “Freak Is Out”
Gel Set “How Do You Plead?”
NPLGNN “Untitled 03”
Cube “Singing In English”
ROTTENLAVA “smog jog”
Lorenzo Senni “Rave Voyeur”

動画はそのまえの土曜日に、いきますよ、っていってたけれどもこなかったロッテンを泣きながら流してるとこ。



そしてLilium Kobayashi aka Lily。
なんかタイミングがあわなくって、ようやっとみられました。
じぶんのDJ直後だったから、そこまで集中してみられなかったんだけれど、サンプラーとかのつかいかた、軽やかに音を放つだけじゃなく、それをキーボードみたいに弾いてみたりとか、けっこうノイズの飛交いからビートのたたみかけ、めちゃくちゃ好きなかんじでした。はじめっから終わりまでつっぱしってるかんじ、めちゃくちゃにかっことかった。ことしにはいってから、なんかあれくらいにたたみかけ感がものすごい好きで、すごくツボでした。




脳Brainさん。
K/A/T/O MASSACREにかよいはじめたきっかけは脳Brainさんをみるためで。

今回は陛下ジャケットとかはないです、映画なかんじはおさえて、これまででいっとうまっすぐ突き進むノイズ感。まっすぐかっこよかったです。それでもマイケルジャクソンはやっぱりはいってきたりとか。22日のスーマサカーもたのしみ。